キャッシング無利息

キャッシングしてから決められた期間内は、
利息を払わずにすむサービスがあります。

どうせ同じ金額を借りるのなら、
利息は発生しないにこしたことはありません。

現在いくつかのキャッシング会社が
この無利息キャッシングのサービスを行っています。

返済金額を低く抑えるために、
この無利息キャッシングを利用するのも有効です。

また給料日までのちょっとしたつなぎにも
計画的に利用することができます。

ただし、もちろん決められた期間を過ぎると
利息が発生しますので、注意が必要です。

無利息キャッシングを行っている会社は
「ディック」「クレディア」「ノーローン」
「レディースローンレイク」「ユニマットレディス」
などいくつかありますが、
初回のみの利用だけのキャッシング会社もありますので、
比較してみるといいでしょう。





キャッシング学生ローン

学生ローンとは、その名の通り、
学生を対象としたキャッシングローンです。

学生と言っても、
その活動は勉強だけにとどまらず、
生活費はもちろんのこと、
コンパや部活動費など、
お金が必要な場面は多くあります。

とっさにお金が必要な時に、
学生ローンは心強い味方です。

アルバイトや仕送りなどで返済できる範囲で、
上手に賢く利用するといいでしょう。

通常の消費者金融と比較して金利はある程度低いものの、
キャッシングのシステムはほとんど同じです。
身分証明書と学生証は必ず必要になります。

忙しいときはインターネットで申込、
審査を受けることができますので、
利用してもいいでしょう。

なお、事前に連絡先を指定しておけば、
実家に連絡が行かないように配慮してくれます。

審査に通れば契約を交わしますが、
後で困ったことにならないように、
契約書をしっかり読むことが大切です。

契約を交わすと早いところでは即日でお金が振り込まれます。





キャッシングレディース

女性のためのキャッシング
レディースキャッシングが最近増えています。

女性にとっては少し敷居の高いキャッシングですが、
レディースキャッシングなら、
通常のものと比較しても、
女性が利用しやすい配慮がいろいろとしてあります。

例えば、対応するスタッフが女性であったり、
わざわざ来店する必要がなかったりなど、
女性が臆することなく利用できるような
嬉しい工夫がいっぱいです。

近頃では主婦やOL、
派遣社員など女性の置かれた立場もいろいろです。

そんな女性のいろいろな状況も
キャッシングスタッフはしっかり心得ており、
気軽に相談できます。

例えば「レディースローンレイク」では
毎月の支払いが4000円から設定できますし、
またここだけでなく「ユニマットレディス」
も初めて利用する場合、
30日以内のキャッシングは利息0円としているなど、
派遣社員や主婦の方にも
負担の少ないサービスを提供しています。





キャッシング低金利

キャッシングの金利で返済額を比較した場合、たった1パーセントの金利の違いでも、返済が長期にわたると大きな差になります。
また借りた金額が高くなればなるほど、金利が高いとその分返済金額も高くなります。
つまり少しでも返済金額を低く抑えるためには、いかに低金利でキャッシングするかが大事になってきます。

キャッシングする際には必ず審査が行われます。
例えば消費者金融系のキャッシングの場合、初めて利用する場合は別として、審査で判定される個人の信用度によって低金利でキャッシングすることが可能になります。

そのためにまず大事なのが複数にわたる借り入れ件数を1社でも少なくすることです。
なぜなら借り入れ件数が多ければ多いほど信用度が下がってしまうからです。
また月々の支払いを確実にすることでも信用度は上がります。

以上のことに注意しながら自分の信用度を上げていくと低金利でキャッシングすることも可能になります。





キャッシングとIT

「楽天クレジット」「SBIイコールクレジット」を初めとするIT企業によるキャッシングがあります。
それぞれ独自に金利や利用限度額などを設定しており、同じIT系キャッシングと言っても、そのサービスはさまざまです。

金利を比較してみると、現時点で「楽天クレジット」に関しては実質年利が新しく登場した「マイワン」という個人向けカードローンで6.9〜18.0パーセントほどです。
「SBIイコールクレジット」にいたっては6.5パーセント〜17.5パーセントです。

IT系キャッシングの各社に共通していることは、インターネット上で手続きが進み、いろいろなサービスを受けられると言うことです。
キャッシングを申込む際は、手続きやサービスのほとんどがネット上で進むと言うことからか、同意する条項に加えて、オンラインの申込に関する承認する規約や同意書などが他の系列と比べると若干多い会社もあります。





キャッシング信販

「ライフカード」などに代表される
信販系のキャッシングがあります。

利用限度額はそれぞれの会社
によってまちまちです。

しかし一般的に銀行系キャッシングよりは
低めではあっても、
消費者金融よりは遥かに高額になっています。

中には銀行にも引けをとらない
高額融資が可能な信販会社もあります。

「オリックスVIPローンカード」に関して言えば、
もちろん収入など審査の基準はそれぞれ違いますが、
利用限度額を50万円から500万円まで幅広く設定できます。

そもそも信販系のキャッシングは、
買い物に利用できるなど、
利用者に嬉しいサービスが付いており、
人気があります。

キャッシングに関しても、
ショッピングのためにお財布代わりに
使うなど用途が広がります。

金利も消費者金融系のキャッシングほどは高くなく安心です。

このように多くの利点がある
信販系キャッシングを賢く利用したいものです。





キャッシング銀行

大手の銀行が運営している
銀行系キャッシングのなかで
よく知られているのが「DCキャッシュワン」
という三菱東京UFJ銀行系のキャッシング会社です。

3秒で審査を受けることが可能で、
審査項目も少なく設定されています。

同じく三菱東京UFJ銀行系のキャッシング会社に
「モビット」という会社があります。

どちらも申込む方法によっては当日の融資が可能です。

「モビット」は「すぐモビ」と呼ばれる
カード発行機によってすぐにカードを発行でき、
時間さえ合えば当日に融資を受けられます。

三井住友銀行系のキャッシング会社
「アットローン」も最短30分で
融資を受けることが可能です。

他にも銀行系のキャッシング会社がありますが、
いずれも大手の銀行が運営しているということで、
信用性も高く、
消費者金融と比較すると金利も安く設定してあり、
利用者にとっても利用しやすいものとなっています。





キャッシング消費者金融

現在消費者金融や銀行など様々な業者が
キャッシング業務を行っています。

その中で消費者金融系のキャッシング会社は
金利を高めに設定しています。

テレビCMでも証明されるように、
何社もの消費者金融系のキャッシング会社があります。

比較すると、
それぞれの消費者金融会社で
貸し付け条件は若干違いますが、
実質年利は多くの会社が15パーセント以上です。

また、どの消費者金融も大体において
50万円を一つの段階としています。

この金額を超えると、
保証人が必要になる場合がありますが、
逆に金利は低くなる傾向にあります。

審査時間は比較的短く、
審査さえ通れば即日で
キャッシングできるところがほとんどです。

最近では無人契約機がいたるところに置かれていて、
ATMにいたっては24時間稼動させている会社もあります。





キャッシングスコアリング

通常のキャッシングには
スコアリングによって評価する
審査方法が採用されています。

キャッシングの審査には多くの項目があります。
申込用紙に書いたそれぞれについて
点数制にすることで、審査をしやすく、
また正確なものとするためです。

家族構成、年齢、住居形態などは
それぞれにいろいろなパターンがあります。

例えば家族構成に関しては、
同じ年代でも、家族が多くなれば
収入の大部分が生活費に回されるため、
収入のほとんどを自分のために使える独身者の評価、
すなわち点数が高い傾向にあります。

年齢に関しても同様で、
働き盛りであることが
想定される年代の評価が高くなります。

住居形態にいたっては、
やはり持ち家のほうが賃貸よりも評価が高くなるようです。

それ以外にも固定電話のあるなしや、
社会的に信頼できる職業についているかいないかなどによっても、
評価が分かれます。





キャッシング審査必要書類

キャッシングを申込む場合、
審査に必要な書類を揃える必要があります。

必要書類はキャッシングをする
本人の身分を確認する書類のことで、
申込用紙と一緒に提出します。

あらゆる身分証明書は、
有効期限内であることが条件になります。

また氏名、生年月日、住所などを
確認できることが必須になります。

キャッシングの申込者が本当に
本人であるかと申込用紙に書いた住所が
正確であるかを確認するためです。

運転免許証、健康保険証、住民票などですが、
特に公務員の健康保険証は安定した職業の証でもあります。

また運転免許証は本人の顔を確認することもできるので、
身分証明書としての役割は大きくなります。

ただし、
最近では運転免許証を偽造する事例もありますので、
健康保険証のほうが有利な場合もあります。

他にもパスポートや年金手帳など
身分証明書となりうるものはいくつかありますので
事前に確認しておくと確実です。





キャッシング流れ

最近のネット社会の影響を受け、
インターンネットでもキャッシング
申し込めるようになりました。

店頭に行く手間が省け、
24時間いつでも申し込めるため、
忙しい人にはとても便利なシステムとなっています。

実際にキャッシングをするまでの流れは
各社によって若干違いますが、
一般的な流れをご紹介します。

自分がキャッシングしたいと思う
会社のホームページに用意されている
専用の申込フォームから申込ます。

事前に個人情報取扱規約をよく読み、
確認しておく必要があります。

本人の氏名、生年月日、家族構成、
住所、電話、住居形態や入居年数、
勤務形態や年収など基本的な情報に加えて、
他社の利用件数、
希望融資額などを記入し送信します。

送信すると申込フォームをもとに
キャッシング会社が審査し、
メールや電話で審査結果を知らせてくれます。

以上がインターネットによる
大まかなキャッシングの流れになります。





キャッシングの審査基準

キャッシングの審査には、
それぞれの項目で基準があります。

まず基本的なキャッシング審査の項目として、
年齢や収入状況などがあげられます。

年齢に関しては、
最近では学生向けのローンなどもありますが、
やはり若年層になると利用限度額が低くなる傾向があり、
審査基準も厳しくなります。

収入状況、つまり一般的には勤務先や勤務年数、
収入などですが、安定した職業に勤務しているか
どうかも審査基準となります。

つまりアルバイトなどに関しては評価が低くなるといえます。

勤務年数も大切な項目です。
そのほかには家族構成や持ち家か賃貸か
などの住居形態などが審査基準となります。

電話番号なども重要な審査基準です。
例えば固定電話を持っていれば、
それは一定の場所に居住している
ということの裏づけになります。

このようにキャッシングには様々な審査基準があり、
融資を受ける場合は、
その基準をクリアすることが前提になります。





キャッシング審査

キャッシングしようとする人に
返済能力があるのかどうかを詳しく調べて、
業者が融資の有無を決めることを
キャッシング審査といいます。

キャッシングの際、
融資するほうにとっても確実に
回収できることが前提になりますので、
審査は必要不可欠なものになります。

キャッシングの中でもカードローンは、
教育ローンや住宅ローンに比べて目的を問わない分、
回収できる可能性も低くなりがちです。

そのため、
金利の設定も教育ローンや
住宅ローンより高めに設定されています。

金利の高さに加えて、
審査もしっかりしておく必要性があります。

キャッシングの審査をする時に、
業者が設定しているいろいろな基準がありますが、
その他によりどころとしているのが個人信用情報機関です。

利用者の個人情報を照会し、
融資が可能な状況であるかを確認します。

以上のようにキャッシングの審査は、
貸し倒れを防ぎ確実な融資の回収をするために必要です。





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。