キャッシング審査の時間

キャッシングを申込む際には、審査を通らなければなりません。
審査にかかる時間は、申込む金融会社によって違ってきますが、最近では「3秒審査」「10秒審査」などと迅速な審査結果を売り物にする金融会社も多数あります。

このような素早い審査は、インターネットが普及したおかげであります。
ネットで申込む場合は、申込みフォームに入力して送信するだけで、何秒後かには「審査に通った」というメールを受取り、即日融資ということになります。

けれども簡単な審査で借入れできるのは、30万円とか50万円などの比較的低い金額で、何百万ともなると慎重な審査と、収入などを証明する書類の提出も必要になります。

高額のキャッシングをする際には、事前の準備も万端にしておきましょう。



| 日記

キャッシングATMの比較

キャッシングする上で比較検討の対象になると思われるのが、ATM機器の設置台数です。

実質年率が同じなら、キャッシングする際、返済する際、何かとお世話になるATM。
あなたの活動範囲内に多いほうが絶対いいです。

最近では都市銀行のATMやコンビニのATM機器からキャッシングや返済の提携を結んでいるローン会社も多くなってきていますので、なお便利になってきました。

私鉄・JR共に駅前にはローン会社が何軒も入ったビルなどもあります。また国道沿いにも並んで店舗を構えているところもあります。
サラリーマンに限らず自宅近辺にそのローン会社のATMがあったに越したことはありません。

返済日を忘れていて「忘れてた、期日は今日だった」なんてこともありえます。
こんなときにわざわざ遠くまで返済に行くのは大変ですから。



| 日記

キャッシング比較パーセント

キャッシングする場合、実質年率の高低によって、金利が随分と違ってきます。

一口にキャッシングといっても、その金融会社がどのような分野なのかを比較検討するべきです。
銀行系なのか信販系なのか、または消費者金融系なのか。一概にはいえませんが、その分野によって高金利、低金利が分かれてくるものです。

また、その金融会社によって返済期日や返済額なども様々ですので、借り入れする前には必ずローン会社何社かを比較してシュミレートしてみることをお勧めします。

たとえば100万円融資を受けて18パーセントの金利負担した場合より、101万円借り入れして15パーセントの金利負担なら後者の方がはるかに早く返済できるのです。

したがって金額と金利は常に計算し比較検討してください。無駄を省きましょう。



| 日記

キャッシング審査と照合

大手消費者金融系のキャッシング申し込み時の審査についてですが、他社からの借り入れ額や件数をどのように調査しているか。

金融業界には個人の借り入れ額が、問い合わせで分かるような専門の機関があるそうです。
その機関がどのように成り立っているかは分かりませんが、個人情報保護法案のもと、問い合わせについて合意するサインをもらってから問い合わせるようです。

申し込み書に住所や氏名、生年月日、勤務先を記入するのと同時にその他のローン件数などを記入するそうです。

したがって記入は慎重に正確にしなければなりません。もし虚偽の申告をしてもキャッシング会社にはすべて知られていると思って間違いありません。

考えてみれば数十万円もの融資をするのですから当然です。



| 日記

キャッシング審査の電話

最近のキャッシング審査では、身元確認のため勤めている会社に電話を入れるケースが多いと聞きます。
個人名で電話を入れるため、会社からはどのような趣旨の電話なのかわかりません。

消費者金融会社の方もその辺は心得ていて、キャッシング利用者のことを十分に配慮しているようです。

また、家族のおられる方には自宅にも電話がありますが、こちらも個人名で電話するので大丈夫です。

しかし、新聞等で報道されているように最近の審査は少し厳しくなっているようです。
他社からの借り入れが多少ある方はちょっと注意が必要ですね。
いずれにせよCMにあるとおり計画性をもって借り入れるようにしましょう。

急な出費は誰にでもあることだと思いますが、遊行費などのためには使わないようにしましょう。





| 日記

事業者ローンで資金調達

事業者ローンは、中小企業や自営業者を対象としたキャッシング・サービスです。

現在では消費者金融だけでなく、銀行やノンバンクなど多くの金融機関が事業者ローンを導入しています。
そのため各社を比較し、自分に合ったローンを選ぶことが大切です。

事業者ローンを選ぶポイントを簡単に紹介しておきます。

まずは審査。事業を行っていれば、不意に高額の資金が必要になるケースがあります。
そのため素早く審査して融資を行ってくれるかが重要になってきます。

また必要なだけの金額を融資してくれるかも大切な要素です。

さらに高額の融資の場合には、十分な返済期間があるかのチェックも忘れてはなりません。

申込み時には本人確認書類のほか、収入証明書や住民票、営業許可証、印鑑証明書など、様々な書類が必要になります。

利用前には金融機関に問い合わせて、きちんと確認してください。





| 日記

やっぱ自動車ローンだよね

キャッシングには使い道自由のフリーキャッシングと、使い道が限定された目的ローンがあります。

自動車ローンは新車や中古車の購入、修理や車検、免許取得の費用に関わる目的ローンです。
金融機関によっては、オートローンやマイカーローンと呼ばれることもあります。

一般的な融資額は数十万円〜300万円ほどで、無担保で借り入れることができます。

自動車ローンを選ぶ際には、やはり金利の安い商品を選んだ方が有利です。

また固定金利か変動金利かという金利の種類についても確認が必要です。例えば変動金利を選んだ場合、市場の金利が上昇すると返済負担が大きくなるので注意してください。

この他にも融資額やその他の条件に関してもチェックしておくことが大切です。

また金融機関によっては新車、中古車、修理代などの用途によって利用できるローンが細かく分けられていることがあるので、自分の目的に合わせて利用する必要があります。





| 日記

キャッシング限度額を知ろう

通常キャッシングというと、50万円以下の小額の融資のことを意味します。
その場合は無担保・保証人不要で、本人確認書類さえあれば融資を受けることが可能です。

もちろん50万円以上の融資を受けることも可能です。

ただその場合は収入証明書類の提出を求められたり、保証人を要求されることがあります。

キャッシングの限度額は各社まちまちですが、銀行系の場合は300万円に設定されていることが多く、消費者金融系で50万円〜100万円程度となっています。

キャッシング会社の限度額を一部紹介しますので、比較してみてください。

・オリックスVIPローン……限度額500万円
・楽天クレジット……限度額500万円
・モビット……限度額300万円
・アットローン……限度額300万円
・ノーローン……限度額200万円
・プロミス……限度額50万円
・レイク……限度額50万円





| 日記

低金利でキャッシングができる

「キャッシングを利用するなら、やはり金利は安い方がいい」

というのは、当然の考えです。

低金利のキャッシング商品と言えばやはり銀行系ですが、信販系の中にも金利を低く設定している会社があります。
オリックスVIPローンカードの金利は6.9%〜で、セゾンカードローンも金利8.0〜18.0%と低くなっています(2007年7月時点)。

またIT系のキャッシング会社も低金利で融資してくれるところが多いです。
そのため各社を比較し、金利の安いキャッシング会社を見つけることが大切です。

しかしキャッシングを利用する場合には、単に金利だけを見ていてはいけません。

果たして希望する額を融資してくれるのか、返済方式はどうなっているのか、自宅や会社の近くにATMがあるか、利便性に優れているかなど総合的に判断する必要があります。





| 日記

キャッシング借入審査

キャッシングを利用するためには、審査を受けてパスしなければなりません。
キャッシングの審査は、大きく2つに分けることができます。

そして審査の際に活用されるのが、「自動与信システム」と「信用情報機関」なのです。

○自動与信システム
キャッシング会社は過去の取引データを全て蓄積しています。その中からあなたによく似た属性を持つ過去の顧客情報をチェックし、そこからあなたの将来の利用状況を予測するのです。あなたに類似する属性モデルが優秀なら、審査では有利な判断が下されます。

○信用情報機関
信用情報機関にはキャッシング利用者の情報が管理されています。キャッシング会社はそこに照会を行い、あなたの過去の利用状況や現在の他社借入れ件数などを調査し、融資できるか否か、どの程度融資できるかを審査するのです。


この他にも審査では、申込み時の記入内容や本人確認書類のチェックも行います。
もし内容に嘘や誤りがあった場合、あなたの信用は低くなるので注意が必要です。





| 日記

「株式」 アイフル(8515)−個別銘柄ショートコメント

以下抜粋

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080624-00000029-fis-biz

「株式」 アイフル(8515)−個別銘柄ショートコメント
6月24日14時41分配信 フィスコ

*14:39JST <8515> アイフル 1517 -87

下げ目立つ。リーマンでは投資判断「アンダーウェイト」継続で、目標株価を1450
円としているもよう。同社は資金調達と不良債権という2種類の問題に直面してい
るが、その解決に必要な情報の提供を拒んでおり、同社を「信じる」投資家しか株
を買えないだろうとの指摘。
《KS》

最終更新:6月24日14時41分






ネット決算サービス拡大 プロミス、イプシロンと提携

抜粋記事

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080628-00000008-fsi-bus_all

ネット決済サービス拡大 プロミス、イプシロンと提携

消費者金融大手のプロミスは27日、インターネット決済サービスで、オンライン販売の決済代行を手掛けるイプシロン(東京都渋谷区)と提携したことを明らかにした。プロミス子会社が提供しているカードなしにネット決済できるサービスを、3000以上の加盟店を持つイプシロンが採用。7月から同サービスを開始する。

 プロミスが同事業で他社と提携するのは初めて。改正貸金業法の影響などで本業の消費者金融事業の経営環境が厳しさを増す中、他社との提携を拡大して多角化に弾みをつける。

 イプシロンが7月に導入するのは、プロミス子会社「Doフィナンシャルサービス」が提供するネット決済サービス。利用限度額は最大30万円で、支払いが半年に1度のリボルビング(定額返済)方式で商品を購入できる。利用残高が2万円までは、手数料が無料になるのが特徴だ。

 同サービスはこれまで、プロミス関連会社が手掛けるネットショッピングモールでの利用に限られていた。今回の提携でイプシロンの加盟店ネットワークでもサービスが受けられるようになる。

 例えば、家具店や化粧品店といったイプシロンの加盟店サイトで商品を購入しようとした場合、クレジットカードやコンビニエンスストアでの支払いといった決済方法の中から、プロミス子会社が提供するネット決済サービスを画面上で選択。IDやパスワードなどを入力するだけで決済が完了する仕組みだ。

 ネットオークションやネットショッピングなど電子商取引市場は拡大を続けている。ネット決済の規模は2007年度で1880億円だが、11年度には3000億円にまで膨らむとの予測もある。

 ただ、商品を提供する企業にとっては、自前で決済システムを構築するには顧客情報管理やセキュリティー対策などで煩雑な作業が必要でコストが高くなるため、決済代行サービスを利用する場合が多い。

 プロミスは、加盟店が負担する手数料を抑えるなどで、同社が提供するネット決済サービスの普及拡大を狙う。




「楽天キャッシュ」のケータイ版サービス開始、送金と受け取りが可能に

以下サイトから抜粋しました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080627-00000015-nkbp_tren-ind

6月27日17時3分配信 nikkei TRENDYnet


 楽天は6月26日、楽天グループで利用できるオンライン電子マネー「楽天キャッシュ」を、携帯電話に対応させたと発表した。これまで楽天キャッシュの利用にはパソコン用メールアドレスが必要だったが、携帯電話のメールアドレスからも一部機能を利用できるようになった。

 携帯電話版サービスでは、楽天キャッシュの「送る」と「受取る」機能を利用できるため、楽天グループの商品やサービスの購入に使用したり、パソコンから送られた楽天キャッシュを受け取れる。なお現時点では、購入と換金はパソコン版で行う必要がある。

 楽天キャッシュは、東京都民銀行が発行した電子マネーを「楽天市場」や「楽天トラベル」など、楽天グループのサービスで利用できるようにしたもの。1ポイント=1円の価値があり、電子メールアドレス宛てに送金するなどして、現金同様に利用できる。

 東京都民銀行楽天支店(楽天バンク@TTB)の口座から楽天キャッシュを購入する場合は1%、クレジットカード「楽天カード」から購入する場合は2.5%の手数料がかかる。なお、7月31日まで手数料が無料になるキャンペーンを実施している。





キャッシング不動産担保ローン

不動産を担保にしてキャッシングローンを組むと、
ある程度のまとまった融資を受けることができます。
これを不動産担保ローンといいます。

担保にする不動産の価値によって
金利や融資額などが決まってきます。

不動産の評価に関しては、
その評価の満額を融資してもらえるわけではありません。

しかし、評価によってはかなり多額のローンも可能です。

金利は10パーセント程度から上は
20パーセント程度まで設定してあり、
通常の消費者金融ほどではありません。

ローンの期間も長めに設定してあります。

金利のほかに手数料やその他の諸費用がかかるので、
その分もしっかり計画に入れておかなくてはいけません。

不動産を担保に取ると言うことは、
もし返済ができなくなってしまったら、
その不動産が売却されてしまうと言うことになります。

そういうリスクも頭に入れて、ローンを組むべきでしょう。





キャッシング事業者ローン

中小企業や個人の事業者向けのキャッシュローン
事業者ローンと言います。

事業をする上で急に資金が必要になることがあります。

運転資金を運用する際につなぎ資金が必要になることもあります。
そのような急な資金の準備に役に立ってくれるのが事業者ローンです。

通常なら金利の低い公庫や
銀行などでローンを組むことが多いのですが、
こちらは金利が低い代わりに審査が厳しく、時間がかかります。

急に資金が必要になったときには審査に時間がかかると
間に合わなくなってしまいます。
公庫や銀行のローンと比較すると金利が高いのが事業者ローンです。
ただし、
つなぎ資金などに使う場合は
借り入れの期間を短くし対処することも可能です。

金利がかさんでローンが返せなくなり、
運転資金が回らなくならないように
計画的に利用するようにしなくてはいけません。





キャッシング自動車ローン

一口に自動車ローンと言っても、
信販会社や銀行、またはJAなど、
いろいろなところでキャッシングローンを組むことができます。

それぞれに特色があり、
ローンを契約する時は充分に検討する必要があります。

新車を購入したディーラーや
中古車販売店でローンを申込む場合よくあるのが、
その店が提携している信販会社とローン契約するという形です。

新車の契約と同時にローンを申込めますので、
手軽にできると言う利点があります。

ただし、ディーラーや販売店によって金利は違いますので、
高い金利でローンを組む場合もあり得ます。

銀行やJAなどのローンなどと合わせて、
じっくり検討してみるのもいいかもしれません。

信販会社に比べ、
比較的金利の低い銀行のローンは若干審査が厳しくなります。

車を購入することを証明する見積書や契約書を
提出しなくてはいけませんし、
収入などによる契約者に関する条件も厳しく設定されています。





キャッシング住宅ローン

住宅ローンはマイホームを建設したり、
土地を購入したりする時に契約する、
いわば家の購入に関するキャッシングローンです。

年金や財形融資のような公的なローンと
銀行などの民間ローンとがあります。

以前よく耳にしていたのが住宅金融公庫ですが、
こちらは現在、
住宅金融支援機構と言うものに姿を変えました。

その住宅金融支援機構と民間の金融機関とが
提携して作ったのが「フラット35」というローンです。

この「フラット35」の魅力はなんといっても
最大で35年間金利が変わらない固定金利だということです。
「フラット35」では、
住宅融資支援機構が制定する数々の基準や
検査をクリアした住宅だけがローンを受けることができます。

民間のローンを利用する場合は、
このような制約は少なくて済みます。

しかしその分、「フラット35」に比べて金利は幾分高めですし、
融資する金融機関で金利が違いますので十分な検討が必要です。





キャッシングトラベルローン

旅行するときに組むキャッシングローンを
トラベルローンと言います。
銀行や信販会社、旅行代理店など
多くの会社がローンを提供しています。

銀行や信販会社などで
トラベルローンを契約する場合は、
通常のローンの契約時に必要な身分証明書のほかに、
旅行することを確認できるように、
旅行代理店が発行した見積書と日程表を提出する必要があります。

旅行を申込んだ旅行代理店でローンを契約する場合は、
旅行することは確認が取れているわけですから、
もちろんその必要はありません。

借り入れ金額はローンを提供する会社によって違います。
1万円から可能なところもあれば、
JTBなどは3万円からの借り入れになります。

また法人で申込むことも可能です。
金利も実質年利が10パーセントしない会社や
通常のキャッシングより低く設定してある会社もあるようです。





キャッシング目的ローン

住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなど
キャッシングしたお金を何に使うか目的がはっきりしているローンのことを
目的ローンと言います。

目的がはっきりしているローンは、
目的がはっきりしていないフリーローンなどに比べ、
金利は低めに設定されていますが、
その分審査は厳しくなります。

審査が厳しいだけでなく、
審査の結果がでるまである程度の時間を要します。

加えてローンを審査時には、
その目的のためにお金を使うことが
はっきり分かる使途証明書を提出する必要があります。

そこが目的ローンの審査の際の特徴の一つと言えます。

また、住宅ローンなどでよく耳にするように、
目的ローンには金利がずっと変動しない固定金利と
変動金利とがあります。

変動金利の場合、
初めの数年は比較的低い場合であっても、
数年後には金利が上がる場合もあります。

先々の計画もしっかり立てて
賢くローンを組まなくていけません。





キャッシング限度額

キャッシングの契約時に決められる
融資の上限金額をキャッシング限度額といいます。

貸金業規正法によると、
審査の手続きが簡略化されていて、
無担保で無保証の場合のキャッシング限度額は
50万円が上限であると定められています。

または年収の1割程度でもいいとされています。

このようにキャッシングの限度額は
法でも定められていますが、
キャッシング限度額は融資会社で
それぞれ決められている審査基準にも則っているため、
キャッシング会社によって、多少の違いがあります。

従って利用する個人の信用力によっては、
限度額が減額されることもあります。

限度額の範囲内であれば
繰り返しキャッシングできますが、
期限内に返済できなかったり、
複数の会社からの借り入れ件数が
増えたりすると限度額は減額される場合があります。





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。