外国人のキャッシング契約について

キャッシング契約においては、外国人であっても条件さえ合えば問題なく契約可能です。

契約に関しては、消費者金融各社が指定した本人確認書類が用意や、永久査証があれば問題なく、外国人登録証明書でも問題がないキャッシング会社もあるようです。

よくある疑問として、外国人というだけで門前払いされると言う例が挙がりますが、現在のキャッシング各社は一人でも多くの顧客を確保したい時代となっているため、無条件に門前払いという事は無いと言えます。

外国人の契約の基準は大きく分けて3つあり、日本語の理解と在日年数、そして就業状況があります。

特に日本語の理解は、日常生活レベルでの会話や契約内容を理解できることが大前提となっているため、キャッシング契約において最も重視されます。



| 日記

キャッシング会社の判断基準

キャッシング会社が行っているキャッシングの判断基準としては、キャッシング会社は他社の借り入れ状況で審査します。

また消費者金融においては、申込み者の現在の支払能力がどれほどか調べた上で、借り入れ状況のバランスを重要視することにより、回収が不可能であるリスクを最小限に抑えます。

また他にも融資審査の判断基準の重要事項として、毎月の返済に支払える余力があるのかどうかで判断することや、 貸倒れのリスク度合をはかるためである「他社借り入れ件数」が挙がります。
この「他社借り入れ件数」ですが、貸し出される金額に大きく響くものとなっています。

他社借入れ件数が、各キャッシング業者の許容件数内であれば、金額は低くくはなりますが、融資してくれる可能性があるようです。

計画性を持って安全な返済ができるキャッシングを努めましょう。



| 日記

キャッシング審査とは

金融会社にキャッシングの申込みする事で必ずキャッシング審査されます。

キャッシング申込みでは、住所や氏名をはじめとした個人情報の記入が新規契約の場合には必要となります。
その個人情報としては、氏名・年齢・住所から家族構成・仕事・年収・住居・他社利用などを全て記入します。

金融会社はこの個人情報を元として、融資の可否、いくらまでの融資をするかなどが決定されるのです。
また消費者金融は、顧客ターゲットを20〜30代を中心に絞った設定をしている事が多く、携帯電話並びに自宅固定電話の両方を持っている事が最も有利となるようです。

最近ではマルチメディアの発達と様々なニーズへの対応により、ネット、無人契約機からの申込みが可能となり、窓口や店舗へと足を運ぶことなく契約するケースが増え、便利な世の中になりました。



| 日記

キャッシングの返済方法 リボルビング払い

キャッシング・ローンにおいて、貸付利率が重要であることは誰にも理解できます。

支払いの金額は利息を加えたものとなるからです。
同時に、それに劣らず返済の方式も重要です。支払いの金額はこれによっても左右されるのです。

キャッシングは本来は翌月に一括返済されるべきものです。
しかし実際には分割した返済を可能にするリボルビング払いという方式が広くおこなわれています。これはいわゆる「分割払い」とは少し違います。

分割払いは何かの品物を購入したときなど、その商品について毎月の返済額を計算します。
リボルビング払いは毎月利用したキャッシング件数に関係なく、毎月一定額を返済することで残高を減らしていくものです。

大きく分ければ定額式と定率式がありますが、両方式にまたがる残高スライド方式がかなり広く行われています。



| 日記

学生ローン

キャッシングにおいて、女性ローン同様、特化された部門として設けられていることが多いのが学生ローンです。

学生は、さしあたり未就労の定収のない身であるわけで、本来ならば融資の対象にはなりにくい存在ですが、有職の社会人の予備軍で、かつたいていは親があることで融資も成り立つということでしょう。

ただし学生ローンは、学生が全学資に当てうるようなものではないようです。
学資の全体に当てうるような金額のローンは、普通日本では学生本人ではなく、親を融資対象とした教育ローンとして成り立っています。

ところが最近融資限度額が数百万という「大口ローン」に属するような学生ローンのケースもみえているようで、あるいは日本もアメリカなどのように、学生本人に直接学資を融資するローンが成立する兆しが見えているのかもしれません。



| 日記

キャッシングローンカード

キャッシング機能を特化したローンカードも数多く出回っています。

これらのローンカードは、これも発行の段階で一定の個人審査がなされるわけで、人は一定の経済的信用力を身に備えている限り、特に用途を限られない融資をカード一枚の手軽さで受けられるということなのです。

ローンカードの発行元は、銀行系、IT系、消費者金融系と多様ですが、いずれの場合も、ITとの結び付きの傾向は強くなるばかりで、かつてのように業者に来店して契約するといった人との対面を排除した形で融資が成り立つ傾向にあります。

電話や郵便といった古典的な通信手段も、ITの補強手段としてのみ使われるという方向に傾きつつあります。
わたしたちがこれを賢く使いこなし得る利用者の立場に立てばまことに便利で快適です。



| 日記

大まじめに考える 「キャッシング」とは?

「キャッシング」は比較的耳慣れない言葉だと思う方もあるかもしれません。
でも「キャッシュ」という英単語はすでに日本語化していますから、お金に関係した言葉だという見当は立つのではないでしょうか。

ずばり「キャッシング」は融資を意味する言葉なのです。

たとえ「キャッシング」が耳慣れなくても、「ローン」を知らない方はないことでしょう。
「キャッシング」は「ローン」と同じく、もともと融資を意味する言葉です。

では、「キャッシング」と「ローン」はどのように違うのか。
そのあたりに、身近なお金の問題をあらためて考えてみる導入口がありそうです。

さらに、些かおおげさにいえば現代における経済の仕組みや、そこに占める自分の位置の意味を考えることにもつながりそうです。



| 日記

知名度のある消費者金融

キャッシングを申込むのに、知名度のある会社で申込む方が安心すると思う人もいると思います。

知名度が高いほうが安心感があります。知名度のある消費者金融会社を比較してみます。

消費者金融系では、「武富士」「プロミス」「アコム」「レイク」「アイフル」などたくさんあります。
どこの会社も知名度は高いですね。

プロミスとアコムとアイフルは消費者金融系の中でも金利が低めで12%からです。
レイクは、18%からの金利です。
武富士だけが10%以下からの金利を設けています。

知名度が高いので安心感はありますが、他の金融会社と比較すると金利が高いのが分かります。
消費者金融で知名度が高い所でのキャッシングを望んでる場合は、受けられるサービスや特典も比較してみるのもいいです。



| 日記

キャッシング 金利の比較

キャッシングを申込む前に、様々な金融会社と比較をします。

最初に比較する対象として、「金利」の安いさでキャッシング会社を選びます。

何といっても金利は気になるものです。少しでも低金利で借りたいと思うのが当然だと思います。消費者金融から銀行系キャッシングまで低金利キャッシングを比較してみます。

銀行系キャッシングでの最低金利は6.5%です。最高金利でも20%以内です。
信販系キャッシングでの最低金利は、6.9%です。最高金利では、銀行系と同じで大半が20%以内です。
消費者金融キャッシングでの最低金利は、12%です。最高金利では29.2%と金融法で規制されているギリギリの高金利です。
ただし、グレーゾーンの撤廃により、各社で金利引き下げが見られるようになりました。

キャッシングを申込む前に金利をきちんと比較してみるとそれぞれの金利の違いが見えてきます。



| 日記

キャッシング審査 他社からの借入総金額

キャッシングを申込んだ時に、他社からの借入金額も借入件数同様聞かれます。
キャッシング審査で必要な個人情報です。

「総量規制」というのは「改正貸金業規正法」は貸金業者に対して過剰貸付に対して規制があります。
そのため消費者金融でのキャッシングは年収の一定の割合を超える融資はできません。また借りる人も借入件数は3件までと規制されています。
例えば、キャッシング申込み人の年収が300万円の場合、ほとんどの消費者金融で貸付してくれるのは最大金額で、100万円。件数も最大2件までだそうです。もちろんキャッシング審査を申込むことはできます。

自分の年収に見合った借入件数、借入金額でのキャッシングをしたいものです。返済が滞らないよう計画的にキャッシングを申込む事が大事です。



| 日記

キャッシング審査に必要な書類

キャッシングする際必ず審査があります。審査するのに書類を提出しなければなりません。
どこの会社でも必要書類として身分証明書の提示を求めます。

身分証の種類は、「免許証」「健康保険証」「パスポート」「写真付住民基本台帳カード」です。

「免許証」
普通自動車運転免許証・小型船舶免許証など免許でも色々ありますが、基本的にキャッシング会社に「自動車免許証」を提示するのが賢明です。
それは船舶免許などあまり世間一般に持っている免許ではないのでキャッシング会社の方でも分からないのです。
資格などの免許なども本人確認に適した身分証明書になりません。
自動車の免許証」を持って行った方が無難です。

「健康保険証」
健康保険証には、「社会保険」「国民健康保険」「組合保険」「共済組合員証」などの種類があります。
国民健康保険以外での健康保険には勤務先から就職した時に発行されますので勤務年数が目安になります。
例を挙げますと、勤務年数が2年未満なのに「10年間勤務してます。」と嘘の申告をしても社会保険の資格取得年月日を見れば一目で違う事が分かります。
審査の時不利になってしまいます。

「パスポート」
顔写真つきの身分証明書での提示として「免許証」「パスポート」です。
パスポートは住所記載が自筆ですので、キャッシング審査の時に住所確認用に消印付の本人宛の郵便などの提示を求められる事もあります。

「写真付住民基本台帳カード」
住民基本台帳カード(住基ネットカード)を作って、キャッシング申込みをすれば便利なのですが、住基カードを悪用した偽の申込みなどが増えているので、住基カードだけを持ってキャッシングを申込みしても断られる場合があります。

キャッシング審査の際、自動車免許証での身分証明をするのが一番無難です。



| 日記

大口キャッシング

キャッシングで200万円〜500万円程の大口ローンを利用する場合は、低価格の融資よりも金利が安い事が多いです。

例えば「オリックスVIPローンカード」では50万円〜150万円の融資では13.2%からですが、200万円から500万円までの高額融資では6.9%と低金利に設定されています。

経営者など事業者の方には、専用のビジネスローンがあり更に低金利に設定されています。
高額融資といってもローン会社によって様々な金利設定になっていますから、よく調べてから利用しましょう。

数社のローン会社で複数に分けて借りるより、大口ローンが可能の所で1度に借りた方が有利です。
高額の融資を希望の方は、金利が安く設定されている大口ローンを利用すると便利です。



| 日記

クレジットカードのキャッシング

提携ATMなどでいつでも利用できるキャッシングの中には、クレジットカードを利用したキャッシングがあります。

クレジットカードはお買い物の時に利用できるだけでなく、キャッシング機能が付属されている所もあります。
中にはインターネットで即日発行が可能だったり、年会費や月会費が無料という所もあります。
目的に合わせてよく選ぶことが重要です。

カードには利用額に応じてポイントが溜まったり、見せるだけで提携ショップで割引してくれるサービスもあります。
旅行などの保険が付いているカードもあり、持っているだけで得するものもあります。
光熱費や携帯電話など毎月支払わなくてはならない出費をカード払いにしてポイントを上手に溜めている人もいます。
ビザやマスターが付属されているカードでは、海外旅行でも利用できる場合があります。

しかし利用しやすいという面では良いのですが、他のローン会社の中でも金利は決して安い方とは言い切れませんので、注意が必要です。
普段はローンは利用しないけど、イザと言うときに備えておきたいと言う人は覚えておくと便利です。



| 日記

キャッシング お急ぎの場合

現在ではインターネットや電話、無人契約機など様々なキャッシングの申し込み方法があります。
お急ぎで融資を希望する人には、店舗に行くのが最も早い方法ですが、インターネットや電話などでもお急ぎ専用の人の為の融資が可能なローン会社もあります。

三菱東京UFJ銀行系の「モビット」では、お急ぎの融資にも直ぐに対応してくれます。
インターネットや電話にて申し込み、直ぐに審査が行われます。
その後電話で審査結果が知らされ、融資が可能であれば銀行口座に直接振り込んでもらう方法と、カードにて提携ATMから引き出す方法の2つの方法から選ぶことが出来ます。

普通は融資を受ける時には、身分証明書などの書類を提出した後に行われます。
しかしこの方法では融資を受けた後に、必要書類を提出すれば良く、即日に融資が可能となっています。

もちろん全ての人が即日に融資が可能というわけではありません。
急な出費があって困っている人は、このような即日融資が可能なローン会社に問い合わせてみると良いでしょう。



| 日記

キャッシングの申し込み書類について

キャッシングを利用する時に郵送で申し込む場合は、様々な書類を送らなければなりません。
例えば身分証明の書類や、申込書を送ることになります。

三菱東京UFJ銀行系の「モビット」で郵送にて契約する場合を例に上げます。
申込書を三菱東京UFJ銀行などで手に入れ、申込書に必要事項を記入し郵送します。
その後審査結果が電話で連絡が来ます。
モビットではATM機などで融資可能額までなら自由に引き出すことが出来るカードが発行されます。
審査結果の後に、カードが郵送または、契約機で発行されることになります。

カードで実際に融資を受ける為には、必要書類を送る必要があります。
身分を証明する書類として、運転免許証やパスポート、保険証などのコピーを送ります。
その他には返済する為の預金口座振り替え依頼書を返送します。

郵送でキャッシングの申し込みをする場合は、申込書が届く時間と、必要書類を送る時間がかかりますから、他の手段よりも日数がかかる方法です。



| 日記

女性専用ローン

キャッシングを利用するにあたって、融資までが早いものや、金利の低いものなど様々なカードローンがあります。
それでは女性専用のキャッシングローンは他の一般的なローンとどのように違うのでしょう。

女性専用ローンは、一般的なカードローンと比べると大変使いやすく、信頼感があるのです。

まずオペレーターが全員女性なのです。
ローンの申し込みのとき、相手が女性のほうが話しやすくて安心できます。

また、電話対応のスタッフはローンの知識を持っているだけでなく、女性ならではの心配りができるプロなのです。

キャッシングを利用するとき、無人契約機や金融機関にまで出向くのも女性なら抵抗のある人が多いようです。
女性専用ローンは、いつも利用している銀行口座などに振り込みをしてくれるところが多いです。

いつものようにお金を引き出す感覚でキャッシングが利用できるのも、女性にとって嬉しいところです。



| 日記

キャッシング系列を比較

キャッシングの系列を比較してみましょう。
キャッシングを大きく分けると銀行(銀行系)・消費者金融系・信販系に分かれます。

安心感があって金利も低いのは銀行(銀行系)です。
しかし金利が低く設定されているぶん審査が少し厳しいようです。

消費者金融系は、銀行(銀行系)と比較してしまうと金利は安くないようですが、審査から融資までが大変スピーディーで便利です。
即日で融資してもらえるところも多いようです。

信販系は、クレジットカードを発行する会社のキャッシングのことで、信販系のカードを持っているとキャッシングにもショッピングにも使え、大変便利です。
金利も消費者金融系より低いところが多く、キャッシングを利用の際も、ATMやCDの数が多いので便利です。

それぞれの特徴を比較してみましたが、審査を受けるのにお金はかかりません。
審査の厳しいといわれる銀行系は低金利なので、最初から無理だとあきらめずに、とりあえず審査を受けてみるのもよいでしょう。



| 日記

キャッシング審査  申し込み方法の種類

キャッシング申し込みの方法で、店頭に行くのやはり抵抗のある方が多いようです。
しかしネット申し込みや自動契約機の使い方がわからないような方は、利用されるみたいです。

自動契約機はアコムのむじんくんが最初で、それが大変人気が出たため、キャッシング会社が一斉に自動契約機を利用するようになりました。
無人で申し込みができるとありますが、実はモニターでチェックされています。

電話での申し込みもできます。
ただ、申込書に記入せず、聞き取りで申し込むため色々なことを詳細に尋ねられます。
また即日融資を希望するなら、本人確認書類をFAXで送る必要があるので、自宅にFAXがない場合はコンビニなどにFAXを送るため出向かなければなりません。

人気のインターネット申し込みは24時間いつでも申し込みができ、審査も数十秒で完了するところもあります。
ネット限定のキャンペーンがある場合も多いです。ただ、やはり即日融資を希望する場合は、FAXなどで本人確認書類を送る必要があります。



| 日記

キャッシング審査と必要書類

キャッシングの審査に必要な書類というのは特にありません。

最初の審査は自己申告の情報の提供ですから、申込みフォームの記入項目にひとつひとつ入力、または記入していき、それを基に審査にかけます。

審査の結果は、数10秒で出る場合もありますが、最終的にキャッシングカードの受取には最短で30分、または遅くとも当日中というのが昨今は一般的です。

カードの受取には店舗に出向くか郵送してもらうのですが、その際に本人を確認する書類、例えば免許証・パスポート・健康保険証・外国人登録証明書などの提出が必要です。
保険証は顔写真がついていないので、免許証やパスポートより信用性が低いとされます。

住民票は本人でなくとも取ることができるので、本人確認の書類としては不適切です。



| 日記

セブン銀行、そごうや西武百貨店でATMサービスを本格展開へ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080715-00000000-nkbp_tren-ind

7月15日11時20分配信 nikkei TRENDYnet

以下記事抜粋

 セブン銀行は7月14日、セブン&アイ・ホールディングス傘下のミレニアムリテイリングが運営するそごう、西武百貨店、ロフトの各店舗でATMサービスを本格展開すると発表した。7月15日のそごう大宮店を皮切りに、西武池袋本店は8月上旬、ロフトは秋頃に大宮、仙台、天神でそれぞれATMサービスを開始する。

 設置台数はいずれの店舗も1台となる。なお西武百貨店の八尾西武ではすでに2006年12月よりATMサービスを行っている。

 利用可能時間は原則として各店舗の営業時間に準じるが、詳しい時間帯についてはサービス開始後にセブン銀行のホームページで案内する。

 今後もミレニアムリテイリングのグループ各店舗にATMサービスの拡大を図るとしている。



| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。