外国人のキャッシング契約について

キャッシング契約においては、外国人であっても条件さえ合えば問題なく契約可能です。

契約に関しては、消費者金融各社が指定した本人確認書類が用意や、永久査証があれば問題なく、外国人登録証明書でも問題がないキャッシング会社もあるようです。

よくある疑問として、外国人というだけで門前払いされると言う例が挙がりますが、現在のキャッシング各社は一人でも多くの顧客を確保したい時代となっているため、無条件に門前払いという事は無いと言えます。

外国人の契約の基準は大きく分けて3つあり、日本語の理解と在日年数、そして就業状況があります。

特に日本語の理解は、日常生活レベルでの会話や契約内容を理解できることが大前提となっているため、キャッシング契約において最も重視されます。



| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。