キャッシング審査の本質

キャッシング審査において、融資する側が融資を受ける側に期待しているのは、返済を保証する安定的な身分と安定的な収入ないし資産のある個人であるか、あるいはその個人にとっての彼我を分かちがたい係累であるかということに尽きるわけです。
もちろん前者が本質的なもので、後者は付随的なものに過ぎません。

ただし審査で要求する「安定度」には多様な段階があります。
かなり広い幅があります。

なぜなら安定度のレベルを高く設定し過ぎれば、審査のハードルで多くの個人を融資から排除しすぎる可能性があるからです。
不安定な就業形態であるパートやアルバイトの従事者でも、一定の収入があり、返済能力があると認められる限りで融資は可能です。

就業形態という属性の低さそのものを理由に融資を否定されるわけではありません。



| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。