キャッシング審査に必要な書類

キャッシングする際必ず審査があります。審査するのに書類を提出しなければなりません。
どこの会社でも必要書類として身分証明書の提示を求めます。

身分証の種類は、「免許証」「健康保険証」「パスポート」「写真付住民基本台帳カード」です。

「免許証」
普通自動車運転免許証・小型船舶免許証など免許でも色々ありますが、基本的にキャッシング会社に「自動車免許証」を提示するのが賢明です。
それは船舶免許などあまり世間一般に持っている免許ではないのでキャッシング会社の方でも分からないのです。
資格などの免許なども本人確認に適した身分証明書になりません。
自動車の免許証」を持って行った方が無難です。

「健康保険証」
健康保険証には、「社会保険」「国民健康保険」「組合保険」「共済組合員証」などの種類があります。
国民健康保険以外での健康保険には勤務先から就職した時に発行されますので勤務年数が目安になります。
例を挙げますと、勤務年数が2年未満なのに「10年間勤務してます。」と嘘の申告をしても社会保険の資格取得年月日を見れば一目で違う事が分かります。
審査の時不利になってしまいます。

「パスポート」
顔写真つきの身分証明書での提示として「免許証」「パスポート」です。
パスポートは住所記載が自筆ですので、キャッシング審査の時に住所確認用に消印付の本人宛の郵便などの提示を求められる事もあります。

「写真付住民基本台帳カード」
住民基本台帳カード(住基ネットカード)を作って、キャッシング申込みをすれば便利なのですが、住基カードを悪用した偽の申込みなどが増えているので、住基カードだけを持ってキャッシングを申込みしても断られる場合があります。

キャッシング審査の際、自動車免許証での身分証明をするのが一番無難です。



| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。