外国人のキャッシング契約について

キャッシング契約においては、外国人であっても条件さえ合えば問題なく契約可能です。

契約に関しては、消費者金融各社が指定した本人確認書類が用意や、永久査証があれば問題なく、外国人登録証明書でも問題がないキャッシング会社もあるようです。

よくある疑問として、外国人というだけで門前払いされると言う例が挙がりますが、現在のキャッシング各社は一人でも多くの顧客を確保したい時代となっているため、無条件に門前払いという事は無いと言えます。

外国人の契約の基準は大きく分けて3つあり、日本語の理解と在日年数、そして就業状況があります。

特に日本語の理解は、日常生活レベルでの会話や契約内容を理解できることが大前提となっているため、キャッシング契約において最も重視されます。



| 日記

キャッシング会社の判断基準

キャッシング会社が行っているキャッシングの判断基準としては、キャッシング会社は他社の借り入れ状況で審査します。

また消費者金融においては、申込み者の現在の支払能力がどれほどか調べた上で、借り入れ状況のバランスを重要視することにより、回収が不可能であるリスクを最小限に抑えます。

また他にも融資審査の判断基準の重要事項として、毎月の返済に支払える余力があるのかどうかで判断することや、 貸倒れのリスク度合をはかるためである「他社借り入れ件数」が挙がります。
この「他社借り入れ件数」ですが、貸し出される金額に大きく響くものとなっています。

他社借入れ件数が、各キャッシング業者の許容件数内であれば、金額は低くくはなりますが、融資してくれる可能性があるようです。

計画性を持って安全な返済ができるキャッシングを努めましょう。



| 日記

キャッシング審査とは

金融会社にキャッシングの申込みする事で必ずキャッシング審査されます。

キャッシング申込みでは、住所や氏名をはじめとした個人情報の記入が新規契約の場合には必要となります。
その個人情報としては、氏名・年齢・住所から家族構成・仕事・年収・住居・他社利用などを全て記入します。

金融会社はこの個人情報を元として、融資の可否、いくらまでの融資をするかなどが決定されるのです。
また消費者金融は、顧客ターゲットを20〜30代を中心に絞った設定をしている事が多く、携帯電話並びに自宅固定電話の両方を持っている事が最も有利となるようです。

最近ではマルチメディアの発達と様々なニーズへの対応により、ネット、無人契約機からの申込みが可能となり、窓口や店舗へと足を運ぶことなく契約するケースが増え、便利な世の中になりました。



| 日記

キャッシングの返済方法 リボルビング払い

キャッシング・ローンにおいて、貸付利率が重要であることは誰にも理解できます。

支払いの金額は利息を加えたものとなるからです。
同時に、それに劣らず返済の方式も重要です。支払いの金額はこれによっても左右されるのです。

キャッシングは本来は翌月に一括返済されるべきものです。
しかし実際には分割した返済を可能にするリボルビング払いという方式が広くおこなわれています。これはいわゆる「分割払い」とは少し違います。

分割払いは何かの品物を購入したときなど、その商品について毎月の返済額を計算します。
リボルビング払いは毎月利用したキャッシング件数に関係なく、毎月一定額を返済することで残高を減らしていくものです。

大きく分ければ定額式と定率式がありますが、両方式にまたがる残高スライド方式がかなり広く行われています。



| 日記

キャッシング審査の本質

キャッシング審査において、融資する側が融資を受ける側に期待しているのは、返済を保証する安定的な身分と安定的な収入ないし資産のある個人であるか、あるいはその個人にとっての彼我を分かちがたい係累であるかということに尽きるわけです。
もちろん前者が本質的なもので、後者は付随的なものに過ぎません。

ただし審査で要求する「安定度」には多様な段階があります。
かなり広い幅があります。

なぜなら安定度のレベルを高く設定し過ぎれば、審査のハードルで多くの個人を融資から排除しすぎる可能性があるからです。
不安定な就業形態であるパートやアルバイトの従事者でも、一定の収入があり、返済能力があると認められる限りで融資は可能です。

就業形態という属性の低さそのものを理由に融資を否定されるわけではありません。



| 日記

学生ローン

キャッシングにおいて、女性ローン同様、特化された部門として設けられていることが多いのが学生ローンです。

学生は、さしあたり未就労の定収のない身であるわけで、本来ならば融資の対象にはなりにくい存在ですが、有職の社会人の予備軍で、かつたいていは親があることで融資も成り立つということでしょう。

ただし学生ローンは、学生が全学資に当てうるようなものではないようです。
学資の全体に当てうるような金額のローンは、普通日本では学生本人ではなく、親を融資対象とした教育ローンとして成り立っています。

ところが最近融資限度額が数百万という「大口ローン」に属するような学生ローンのケースもみえているようで、あるいは日本もアメリカなどのように、学生本人に直接学資を融資するローンが成立する兆しが見えているのかもしれません。



| 日記

キャッシングローンカード

キャッシング機能を特化したローンカードも数多く出回っています。

これらのローンカードは、これも発行の段階で一定の個人審査がなされるわけで、人は一定の経済的信用力を身に備えている限り、特に用途を限られない融資をカード一枚の手軽さで受けられるということなのです。

ローンカードの発行元は、銀行系、IT系、消費者金融系と多様ですが、いずれの場合も、ITとの結び付きの傾向は強くなるばかりで、かつてのように業者に来店して契約するといった人との対面を排除した形で融資が成り立つ傾向にあります。

電話や郵便といった古典的な通信手段も、ITの補強手段としてのみ使われるという方向に傾きつつあります。
わたしたちがこれを賢く使いこなし得る利用者の立場に立てばまことに便利で快適です。



| 日記

大まじめに考える 「キャッシング」とは?

「キャッシング」は比較的耳慣れない言葉だと思う方もあるかもしれません。
でも「キャッシュ」という英単語はすでに日本語化していますから、お金に関係した言葉だという見当は立つのではないでしょうか。

ずばり「キャッシング」は融資を意味する言葉なのです。

たとえ「キャッシング」が耳慣れなくても、「ローン」を知らない方はないことでしょう。
「キャッシング」は「ローン」と同じく、もともと融資を意味する言葉です。

では、「キャッシング」と「ローン」はどのように違うのか。
そのあたりに、身近なお金の問題をあらためて考えてみる導入口がありそうです。

さらに、些かおおげさにいえば現代における経済の仕組みや、そこに占める自分の位置の意味を考えることにもつながりそうです。



| 日記

知名度のある消費者金融

キャッシングを申込むのに、知名度のある会社で申込む方が安心すると思う人もいると思います。

知名度が高いほうが安心感があります。知名度のある消費者金融会社を比較してみます。

消費者金融系では、「武富士」「プロミス」「アコム」「レイク」「アイフル」などたくさんあります。
どこの会社も知名度は高いですね。

プロミスとアコムとアイフルは消費者金融系の中でも金利が低めで12%からです。
レイクは、18%からの金利です。
武富士だけが10%以下からの金利を設けています。

知名度が高いので安心感はありますが、他の金融会社と比較すると金利が高いのが分かります。
消費者金融で知名度が高い所でのキャッシングを望んでる場合は、受けられるサービスや特典も比較してみるのもいいです。



| 日記

キャッシング 金利の比較

キャッシングを申込む前に、様々な金融会社と比較をします。

最初に比較する対象として、「金利」の安いさでキャッシング会社を選びます。

何といっても金利は気になるものです。少しでも低金利で借りたいと思うのが当然だと思います。消費者金融から銀行系キャッシングまで低金利キャッシングを比較してみます。

銀行系キャッシングでの最低金利は6.5%です。最高金利でも20%以内です。
信販系キャッシングでの最低金利は、6.9%です。最高金利では、銀行系と同じで大半が20%以内です。
消費者金融キャッシングでの最低金利は、12%です。最高金利では29.2%と金融法で規制されているギリギリの高金利です。
ただし、グレーゾーンの撤廃により、各社で金利引き下げが見られるようになりました。

キャッシングを申込む前に金利をきちんと比較してみるとそれぞれの金利の違いが見えてきます。



| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。